ニューエリート

ニューエリート
ニューエリートという、
新しいエリート像が最近注目を浴びています。
今回そのことについてご紹介したいと思います。
 
 
どう行ったものかと言いますと、
今までのエリート像が激変するという
という内容のものです。
 
 
これまで、
学歴で決まっていた時代ではなく、
学習歴が重要になってくようです。
 
 
学習歴とは、
つまり今までに何を学習してきたか、
そして学び続けるということが
大切になってくるようです。
 
 
その背景にVUCA時代といって、
不安定で先が読めない
複雑で曖昧なカオスな時代に
これから突入すると言われています。
 
 
肉体労働の主な時代には
働く人は服従と勤勉が
求められました。
 
 
経済の時代になると、
専門性や知恵が
求められるようになりました。
 
 
ところが今や
これはアウトソーシング委託、
ロボットに起き変われるということで、
 
 
これからの時代の人材は、
ゼロから新しい価値を生み出す
情熱、創造性、主体性が
必要になるのると言われているのです。
 
 
しかし、日本の教育で培った能力と世界、
日本の社会が求める能力にギャップが
生じている現実です。
 
 
日本政府もこのままでは、
ギャップがより深まっていく
という懸念の元、
 
一人一人の能力に併せた
オンライン教育に切り替えたり、
 
 
先生の立場も教えるよりも、
情熱や、やる気を引き出す要素を強くし、
 
生徒がどこまでも
独学で学習ができるような
教育スタイルを模索しているようです。
 
 
今後、最も大切なのは、
何をやりたいかという意思が
大変重要になく時代に移り
変わっていくようです。