考える力の訓練は「思ったことを書かせる」が重要

考える力の訓練は「思ったことを書かせる」が重要
自分は考えることや文章がとても苦手でした。
しかし思ったことを書くことでかなり思考力と文章力が鍛えられたように思えます。
感覚としては、箇条書きでも書く→言葉にして話す(人前で話すor説明)→文章力もアップした
このような感じに成長できたのではないかと思います。
論理的ではないと思った時は「思ったことを書かせる」ことが最も良い訓練法の一つだと思います。
何と言っても考えをまとめる時は書くことが必要だと思います。
そしてそれこそが思考力を鍛える方法ではないかと思われます。
「書くこととは、考えること」”書く技術”を身につけることは、そのまま”考える技術”を身につけることにつながるのではないかと思われます。
コツとして「考えてから書く」ではなく、「書いてから考える」これが非常に重要なコツと言えます!
とにかく紙に思ったことをそのまま書くこれがなによりも重要だということです。
なぜ重要かというと書くハードルを心理的にさげる意味合いがあります。
それでは実際に何かテーマを決めて書き始めてみるのはいかがでしょか?
テーマはなんでも良いと思います。
「将来の自分」についてなどいかがでしょうか。
1年後までには会社を辞めて転職などでも良いでしょう。
そこからなぜ1年後に辞めたいのか。など上司が嫌い同僚が嫌いだからなどかけていくのではないでしょうか。
またはなにも浮かばなのなら、何も思いつかないからかけないと書いても構わないのです。
そこからなぜ思いつかないかなどを考えて書いてみましょう。普段から何も考えてないなどあればそれも書きます。
なんか考えて書かないといけないと思ったら、それも書いてみましょう!
なんで思い使いないのかな、もしかしたらお腹が減っているからなどあれば、それも書いてみるのも良いでしょう!
体調がわるいからだ。今日は付いてないことばかりあったからだ。などなんでも良いのです!
そうやっていくつか書き出したことを見るだけでも、何か共通点などを導き出しそれから深く考察することも可能になってくるのです!
例えば普段ネガティブなことばかり考えてるのだな等わかっただけでもそこから新たな思考が繰り広げられていくのではないでしょうか。
ぜひ書き始めることからみなさんもやってみてはいかがでしょうか。