【2018年9月】初心者用 Google PlayでAndroidアプリ公開方法(個人・法人共通)〜②Google Play Developerへの登録編〜

【2018年9月】初心者用 Google PlayでAndroidアプリ公開方法(個人・法人共通)〜②Google Play Developerへの登録編〜


Google Play Developerへの登録手順

1.Google Play デベロッパーアカウントの作成画面にアクセスします。
既にGoogleアカウントでログイン済みの場合は「3.」へ進んでください。

注意点として、一人で複数のGoogleアカウントを持っていた場合、ここでログインしたアカウントだけがデベロッパーアカウントに紐づくという点です。デベロッパーアカウントに紐付けたいGoogleアカウント以外でログインしてしまった人は別のアカウントでログインし直してください。
ここでデベロッパーアカウントに紐付けたGoogleアカウント以外でもユーザーとして追加登録することはできますが、デベロッパーアカウントの所有者はここで登録したアカウントのみになります。

目次

2.パスワードを記入します。


3.チェックを入れて「支払いに進む」を選択します。

4.するとクレジット情報を記入するポップアップが表示されます。 下記にしたがって記入していってください。

A.カード番号を記入します。

B.月を記入します。

C.年を記入します。

D.CVCを記入します。
 CVCとは、デビットカードやクレジットカードの裏面に記載されている暗証番号です。ほとんどのカード
(Visa、MasterCard、各種銀行カードなど)では、カード裏面の署名欄に記載された番号の最後の3桁がこれに
 当たります。American Express(AMEX)カードでは、通常、カード前面の4桁のコードです。

F.カードの名義を入力します。 最後に「支払う」を選択します。

※注意点としては、カードの名義の箇所にはログインしたGoogleアカウントに登録されている名前がデフォルトで記入されています。Googleアカウントに偽名を使って登録している人はクレジットカードの正式な名義を入力し直して下さい。

5.登録が完了したポップアップが表示されます。「登録を続行」を選択します。

6.アカウントの詳細の入力をしていきます。

A.デベロッパー名を記入します。(50文字以内で設定してください)

B.メールアドレスを記入します。(登録時のGmailとは別のものでもOKなようです。2018年3月時点では公開はされないものになっています。)

C.ウェブサイを記入します。(無しでもOKです)

D.電話番号を記入します。
この電話番号は、公開されたアプリで問題が発生した場合に、Google から連絡を取るためのものになります。2018年3月時点では公開はされないものになっています。日本の電話番号の場合、市外局番の先頭の「0」を取り、日本の国番号の「81」を付けてください。(例:03-xxxx-xxxx → +81-3-xxxx-xxxx)

E.任意でチェックを入れます。

最後に「登録を終了」を選択します。

※この情報は、必要に応じて「アカウントの設定」で後から変更できます。 他に、メールサービスの設定にも必要に応じてチェックを入れてください。


以上が、Google Play Developerへの登録の方法のご紹介でした。

次回はGoogle Play Developer Console からアプリを申請する手順をご紹介します→

//e-space.site/2018/09/01/post-698/