【2018年8月】初心者用 Apple Developer Program 登録(法人)~①Apple ID 登録編~

【2018年8月】初心者用 Apple Developer Program 登録(法人)~①Apple ID 登録編~


初心者でもわかりやすいiosアプリ申請手順をご紹介いたします。

Apple Developer Program 申請の手順とその他確認事項

登録する前に知っておく注意事項

個人事業主と法人組織の違い

個人事業主と法人組織での違いは、D-U-N-S Number の有無にあります。
法人で申請する場合はしっかり法人組織として成立しているかをの審査もあります。

会社組織として申請のメリット
・チーム全体で機能やツールが利用可能(登録は一人でいい)
・App Store の「開発者」欄に、法人名が使用できる

登録情報は全て英語で入力する

Apple Developer Programのアカウント情報には日本語を使うことができません。名前や住所を日本語で記述していると検索することができなくなるため、全てローマ字で記入する事を要求されます。AppleDeveloper Programへの登録にはApple IDが必要になりますが、そちらも必ず全てローマ字で記入して下さい。Apple Developer Programへの登録を申請した際に、Apple IDに登録されている情報と齟齬がある場合にはActivation時に登録申請が却下されてしまうからです。Activationというのは、正規のライセンスを保持していることを確認するために行われる認証処理のことで、非合法に入手したライセンス契約に反する使用を防止するためのものです。Apple Developer Programを購入して登録申請を行うと、このActivationが行われ、それが完了するとApple Developer Programが利用できるようになったことを知らせるメールが送られてきます。

ブラウザはSafariを使用する

ボタンが反応しない、レスポンスが返ってこない、各種登録がうまくいかない、などのSafariブラウザ依存の仕様によるエラーが発生する為、ブラウザは必ずSafariを使用してください。また、他のApple IDでSign In実績がある場合、時折不穏な遷移をすることがありますので、その際はSafariのキャッシュを削除してから作業してください。キャッシュの削除の手順は下記のリンク先を参考にしてください。

Developer 登録にかかる費用

Apple Developer Program は、個人・法人と年間 11,800 円の一年契約になります。

Apple ID登録

1. まずAppleID登録します。 一気に入力画面に移動しましょう。下記URLをクリックします。https://appleid.apple.com/account?localang=ja_JP#!&page=create
指示通り記入していきます。

①性を入力します。
②名を入力します。
③タブから「日本」を選択します。
④生年月日を半角英数で入力します。
⑤e-mail アドレスをいれます。アプリ公開などの場合に連絡用として使われます。
⑥パスワードを記入します。パスワードは以下の用件を満たしている必要があります。
・lower case (小文字)が最低でも1つ入れる
・capital letter (大文字)が最低でも1つ入れる
・数字を最低1つ入れる   ・連続するような文字
・数字列でないこと
・アカウントと同じではないこと
・8文字以上
・一般的に使われている文字
・数字列でないこと
⑦確認用としてもう一度パスワードを入力します。


2. セキュリティ質問を入力します。 質問を選び答えを記入致します。

3. A「お知らせ」お知らせメールを受け取るかどうかチェックします。
B「App、音楽、映画など」こちらも同じくお知らせを受け取るかチェックします。
C.イメージに現れている文字と数字を入力します。分かりにくい場合は「新規コード」で別のものに変えることもできます。

4. すると下記のようなポップアップが表示されます。登録したメールアドレスに確認コードが遅れていますのでメールを確認し入力して「続ける」を選択します。

5. すると下記のようなページに移動します。

以上がApple ID登録方法になります。次回は「DunsNumberの取得」方法をご紹介いたします。
//e-space.site/2018/08/01/post-457/